こんな本を読んだ

07/17/2019

知らない方がいいこと、知らなければよかったこと、知ってはいけないこと

Kuushuu

 

鑑定団について書いたら、思い出した。番組中に全国出張鑑定団があるけど、全国どんな町でも古いお宝がまだまだ出てくる。もし戦時中の空襲が無かったら、今の日本にどれだけのお宝が残っていたんだろうか。つまりは空襲でどれほどのお宝が燃やされてしまったのか・・

日本のお宝を奪った犯人を2人挙げる。

まず、この日本本土空襲作戦を指揮したカーティス・ルメイ。

このNHKスペシャルの本の中では、ルメイの孫がインタビューに答えていて、「祖父は誰かがやらねばならない任務を自分が誠実に引き受けたと言っていた」とか何とかってあったが、そんなソフトな記事でまとめなくてもよかんたんじゃないか。白人至上主義的な言動が多かったというのは他の資料からもはっきりしてるんだし。ルメイに戦後、日本から勲章を与えたって、意味が分からん。いろいろ資料をあたっても不快感だけが残る。

そしてもう一人がアントニン・レーモンド。

言わずと知れた日本のモダニズム建築の父。レーモンドがこの日本本土空襲というか日本焼き払い作戦に加担していたという事実。これも、早く戦争を終わらせるために苦渋の思い云々という言い訳が流布しているようだが、そもそも亡命先アメリカのスパイだったということまで分かってしまった以上、伝記は書き換えられなければならないのではないか。日本の木造家屋密集地での火災の広がり方、如何に効率的に焼き尽くすか、焼夷弾の性能実験、戦時中の石油会社の思惑、戦後の石油メジャーとの繋がり・・・レーモンドの黒歴史を知ったのは、いつだったかな、すごいショックだったけど。

昔のことなど蒸し返さない方がいいのか、ただ「令和は本当のことがあからさまになる時代」って誰かが言ってたのは本当かもしれん。

ジャニー喜多川の訃報に際して、マスコミはこぞって日本のエンタメ界の父だなどと持ち上げて嵐だSMAPだは出るけど、我々昭和の人間はジャニーズといったらフォーリーブスだろうが、フォの字も出ない。そりゃーフォーリーブス解散後にあったジャニーの少年偏愛スキャンダル暴露のイメージが消えないもんね。そんな黒歴史はシートで覆って無かったことに・・

Kokusho

黒歴史でもうひとつ。

1995年ラグビーW杯で日本がオールブラックスに145点取られて負けた(17-145)こと。特にラグビーファンでもなければ、そんなこともあったかなという程度。だいいち25年近く前の話だ。今年のW杯日本大会を前に、前回の南アフリカ戦の大逆転勝利に続けとこちらもアゲアゲ報道一色だけど。

これも最近知ったこと。

この時の日本代表チームは無能な監督の元、メンバーはバラバラ、主力は大会期間中カジノと飲み会三昧だったという事実。はっきり書こう、当時の日本ラグビーの改革者で救世主と持ち上げられていた平尾誠二とその手下でしょう。(このラグビー黒書にはズバズバ書いてあります)今年になって、日本大会直前ということで、1995年の出場選手だった吉田義人へのインタビュー記事が挙がっていて

https://hochi.news/articles/20190527-OHT1T50244.html

1995年の反省からの長い日本ラグビーの道のりみたいな言い回しがあったので、ふと気になりググってみたらこういうことだったのか。平尾派(同志社)とは距離を置いてた吉田(明治)だから、平尾が故人となり時間が経ってようやく言えるようになったのか。数年前に亡くなった時も忖度したマスコミは新しいラグビーを切り開いた偉人みたいな扱い一色だったしね。

あの当時の平尾といえば、古臭くて汗臭い根性至上主義ラグビーみたいなもんを否定してエンジョイ、創造、自由を標榜した新しいラグビーを目指すみたいな感じで(実際、同志社や神戸製鋼で活躍し実績を挙げたわけだが)いわく日本的経営の限界だのやたらグローバル化が言われ出した頃の時代の寵児みたいだったのは記憶に残る。それがどうして、日本を代表して参加したW杯で145点も取られ「ブルームフォンテーンの惨劇」とまで形容(笑いものに)される試合をまるで他人事のようなコメントに終始し、代表監督として臨んだ次の大会でも「世界に日本のラグビーを見せつける」と豪語しながら、結果3戦全敗、観客を感動させるようなトライは一つもなく「145より深刻」と評されるしかなったのだろうか。

1999年大会の直前には、合宿を張らずに監督平尾自身は「新しいビジネススタイル」の講演会(電通主催!)の講師として忙しかったという。当時の彼の言説には、さるスポーツ評論家だの文化人類学者だのの影響をもろに受けてる、というか受け売りそのままだと分析しているブログも読んだ。つまりは電通プロデュースで「哲学するラガーマン」を演じていたのか。ラグビーといったら襟を立てたシマシマジャージだったのが、この後大手スポーツブランドのピチピチユニフォームに替わっていったのもD通プロデュースの一環だろう。そもそも2019W杯招致に秩父宮ラグビー場建替え話もからんでいた訳で、さらにこの延長線上に国立競技場周辺の再開発だの何だの有象無象の世界があるわけだ。

やっぱり新国立競技場のザハ案なんかも、D通プロデュースによる・・なんだろうな。それならあの不快な「建築家諸氏へ」という「内藤怪文書」が出たというのも分かる気がする。やっぱり「金さえ、今さえ、自分さえ」

| | Comments (0)

07/05/2015

郊外の夢と現実

1999年の新書を最近読んだ。三浦展著「家族」と「幸福」の戦後史〜郊外の夢と現実Dscn0244日本のマイホーム神話を1939年ニューヨーク万博以降のアメリカ社会から考察するという第1章、第2章からぐいぐい引き込まれます。住宅ローンは資本主義を強力に押し進めるためにアメリカが発明したものだというのは、隈研吾さんの「建築的欲望の終焉」(1994)で読んだ記憶があるが、「アメリカンウェイオブライフ」の実現、もっとはっきり言えば「誰でも自分の家と土地を持てば、共産主義者にはならない」というというスローガンのもと東西冷戦下の世界状況の中で、まずアメリカ中に広まり、約30年かけて日本がそれを追いかけてきた、など目から鱗の事実。著者の筆致も今と比べると若さに溢れた感じがする、というか最近の著書の大元のネタがここにある。後半の現在(99年当時)から近い将来を見通した章も今読んでもおもしろかった。話は逸れるけど、講談社現代新書の黄色っぽい表紙の初版を古本で購入したのだけれど、昔は新書といえど表紙カバーまでちゃんとイラストを添えてデザインしていたんだよなあ。最近の白地に文字だけフォントで組みました・・的節約デザイン(もはやデザインでもないか)の表紙の味気なさと比べると隔世の感。
Sengoshi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2015

新国立競技場問題〜丹下〜前川〜白井〜槙

Maekawa
個人的に2年前に丹下さんを追っかけ始めて、去年から新国立競技場に関心が行き、今年は前川さんが年間テーマというすっかりモダニズムを辿る旅に出ています。
(先の船橋市立西図書館について、先日読んだ「賊軍の将 前川國男」の中に「公共建築作品一覧表」があり「船橋市 1」とあったのでこれで裏付け取れたと個人的に納得。そういえば、図書館の外壁は上野の文化会館のホールの壁とそっくりだった。ただし「建築展図録」のリストに載ってなかったのは単なる「漏れ」か。2005年の建築展に震災は無関係だった、先日のうがったコメントお詫びします。)
で、前川さん繋がりで「白井晟一」さんが出てくる。
告白すればこちらは前川さんと逆で、学生時代にはどっぷり浸かって長崎・佐世保まで白井建築巡礼の旅までしたほど、あの特異な建築世界にはまった・・それが実務についた後はその独特な匂いがすっかりダメになり(構造とは全く無関係な内外の表現・・つまりは書き割り建築じゃねえか、哲学的といわれる難解な文章・・わかったふりして読んではみても、結局理解出来なかった)。
それが白井さん死去の際の前川さんの追悼文を読んで、いったいこの二人にどんな共鳴出来る部分があったのだろうか?疑問だった。今回「賊軍の将」を読んで二人の友情というか互いに共通する精神の一端が解った気がした。
その一端をずばり言い当てているのが先の「前川國男 建築展」図録にある槙文彦さんの文章(「前川國男と現在」から引用原文ママです)

「今日、我々の都市に繰り広げられる絶え間なきスクラップエンドビルド、不動産のトラスト化、ディヴェロッパーとCMが主役を演じる世界、そして建築家という職能の限りなき矮小化と拡散化、これらはすべて前川が彼の建築愛によって目指した、あり得べき建築の地平の対極にあることを示している。」

・・コマーシャリズムやら政治から独立して立つ二人が互いを同志と思ったという理解でいいのかな。「日本の闇を見据える同行者はもはやいない。」という追悼文の最後が沁みます。
そしてこれはまさに今の新国立競技場の迷走状況そのままじゃないか・・
「このことを今、我々はかみしめるべき」と書いた槙さんがそれこそ今回は「もうだまっていられない」として国立競技場問題の最前線で物言っておられるのでしょう。
ああやっぱりはずかしい、どうにも我慢出来ない今の国立競技場建て替えの状況・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2014

お弁当の時間

51yr89nunelずっと前、毎月のようにANAの飛行機(国内線です)に乗っていた頃、楽しみにしていた機内誌(翼の王国)の連載が本になっていた。男女も年齢も関わりなくいろんな仕事(学生さんも)の人達のお弁当を覗いてその人の生活を知るというもの。読み物としてもちろん面白かったのですが、今見たら、この表紙って(草むら、遠くの糸杉、タンガリーのシャツに帽子)先に書いた(2013年の「遠雷」)ワイエスの「遠雷」の絵の中の人が起き上がったんじゃないかっていうくらいびっくりした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2014

深代惇郎エッセイ集

Fukashiro
何を隠そう高校生の頃、深代惇郎の天声人語に影響されて進路希望に「ジャーナリスト」と書いていた自分です。この「エッセイ集」と「青春日記」がまだ本棚の奥にある。ナイーブな少年にはあの知性とヒューマニズムに裏打ちされた真っ直ぐな文章がまぶしかった。それが「天声人語は文章のお手本」となって「大学入試に出る天声人語」みたいなイメージに繋がって行くのだが。まあ確かに惚れ惚れするくらい美文なのは確か。ただし「インテリが読む朝日新聞」「オピニオンリーダーとしての朝日新聞」というイメージはもはや無い、というか信頼出来るジャーナリズムがあるのは朝日だけだろうなどと妄信していた自分を恥じる。KY珊瑚事件はまだ、一部の先走りがしでかした事象だろうなどと甘く擁護でいたが今回の従軍慰安婦問題と福島原発事故調記録のねつ造にはほとほと呆れた。もうすでに滅んでいたのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/29/2013

坊ちゃん3

Bocchankadokawa今年買った江戸てぬぐいデザインの角川文庫版。
で、また読んだ。読むたびに違う捉え方、といえば今年は会津目線の大河ドラマ「八重の桜」を見ているせいでどうしても「会津っぽ」山嵐に想いが集まるのは仕方ない。
つまり「坊ちゃん」の登場人物が江戸と明治の対立を下敷きにしているという論が素直に理解出来た。
山嵐は「会津」、坊ちゃんも旗本の出、清もまた旧幕の由緒ある家の出という敗れ去る者達(江戸)。
に対し「赤シャツ」は新政府・長州、「野だいこ」は勝ち馬に乗ろうとする多くの者達、「うらなり」は「慶喜」さらに言葉を発しない「マドンナ」は「皇」とする説もあったが・・
私達がイメージするいわゆる青春学園ドラマでない。単純な勧善懲悪ストーリーでもない。今回読んで、こんな短い小説がおそろしく重層的な色彩を持っていた事に今更ながら感動した訳です。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

07/28/2013

坊ちゃん2

Bocchanshueisha小中学生の頃読んで妙に印象に残っているのが、坊ちゃんが「天婦羅そば」を4杯も食ったというところ。
正直言ってこの歳になっても蕎麦屋でまともに「天婦羅そば」を食べた事が無いような気がする。(「天もり」や「天丼」は大好物ですが温かい「天婦羅そば」はちょっと記憶に無い)ましてその当時「天婦羅そば」といったら蕎麦屋の店先のサンプルか駅の立ち食いの「かき揚げそば」くらいしか知らなかったはず(いや当時食べたのは「うどん」ばかりだったか・・)。
それはともかく。
次に購入したのが集英社文庫版。表紙のイラストはあきらかに勘違い。
「自己治療」としての「坊ちゃん」という解説が興味深い。もちろん漱石の「神経衰弱と狂気」に対して
この小説を書く事が漱石にとって「治療」として必要だったという論ですが、思い切り勝手に解釈して
自分(読者)のストレス解消小説の名作だと思っています。そういえば、社会人になってから「坊ちゃん」を読んだ時って、何かモヤモヤを抱えてた時にふと手にしてそのまま最後まで読んでしまった、みたいな場面だったかもしれない。生徒とは最後まで絆なんて出来ない、マドンナと坊ちゃんの恋愛描写などない、学校は結局何も変わらないのではないか?よくある青春学園ドラマのストーリーでは全くないのだが・・一気に最後まで読んでスカっとして、そしてあの最後の一行で気持ちがすっと落ち着く。だから何度も読みたくなる。これが100年以上前の小説だとは!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/27/2013

坊ちゃん

Bocchanこれまでもっとも多く再読した小説。無人島に行くとき持っていく本は・・みたいなアンケートなら間違いなく「坊ちゃん」だ。
一番最初は小学生の夏休み。「日本の文学」みたいな本だったような。他には「我が輩は猫である」とか「野菊の墓」、「路傍の石」なんて読んだな。
その後中学、高校、大学の時も読んだ。社会人になってからも5回は読んだか。よく言われるように読んだその時その時で違う読み方が出来るから、再読してもいつもおもしろい。(昔はあんなに好きだった村上春樹でも、今「ノルウェイの森」読むのはツライ)一番多く手に取ったのが今も本棚にある新潮文庫版。解説は江藤淳。さすがに深くて鋭い。
数十年前のこの文庫本。紙が真っ赤でボロボロなのはともかく、昔の文庫の文字の小ささ!(今じゃまったく読めない)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/24/2013

こんな本を読んだ「群像としての丹下研究室」

Photo
丹下健三といえば「代々木体育館」・・私的には「代々木のオリンピックプール」といった方がしっくりくる。もう35年以上前、渋谷であった中学生の夏休みの「夏期講習」の帰りにここで泳いで(遊んで)帰ったこととか、あの都電の敷石を再利用したというデッキに座ってアイスキャンデーを食べたことなど懐かしく思い出す。当時はほとんど人もまばらで、あの飛込み台から飛び込んだりしてた記憶がある。監視員はいたが特に怒られた覚えが無いという暢気な時代だったなあ。
それはともかく世の中に「建築」があって「建築家」というものが居ると知ったのがこの建物だった。
そしてこの「群像としての丹下研究室」。丹念に事実を積み上げた労作なのだが、そもそも修士論文としての文章がカタイ。それでもこの代々木体育館がオリンピック前に設計約1年、施工も約1年で造られたという事実にまず驚かされるし、この辺のドキュメントが生々しく綴られています。ナンバーワンの建築を挙げろといわれたら間違いなく「代々木体育館」と答えるし、この本でも特筆されている「聖マリアカテドラル」も実物を観て感激したのは事実。やはり日本の建築家として「タンゲ」はあまりにも偉大です。でも・・弟子や仲間に対しては愛情の深い人物だったというエピソードを出されても、(「磯崎新の都庁舎」などを読んでも分かる通り)フジテレビ社屋の造形を見ると「それはないだろう丹下センセー」と思ってしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/17/2013

こんな本を読んだ「プロジェクトジャパン」

Photo
菊竹さんの本からの流れ。
ちょっと前に読んだメタボリズムを分析した「プロジェクトジャパン」は久々に読んでいる最中からシビれる本でしたが、本の体裁というのか本文中に蛍光カラーを多用しているが、これが実に読みづらい・・というより正直見えない部分が多々あるのが残念(老眼のせいばかりではないだろう)。
それはともかく
「菊竹巡礼」の中でお嬢さんへのインタビューで「本人の故郷久留米での洪水体験が根底にある」・・というお話を聞いて、江戸東京博物館の収蔵スペース部分が地上に持ち上げられているのは隅田川からの水害除けの意味では、という解釈にハッとさせられた(東北地震の津波の映像を見た後では何も言えない)と同時に、「プロジェクトジャパン」の菊竹さん自身へのインタビューで、大地主だった実家が戦後の農地解放で没落していく有様を見て「土地」に対する「恨み」の意識を持った、といった生々しい話が真実味をもって思い出された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)