広告・宣伝・コマーシャル

07/06/2015

捨てられない雑誌・せつない気持ち

雑誌ブルータス2010年11/1号 特集「せつない気持ち」
本屋で表紙だけ見て即買いしたのを思い出す。
Dscn0247
最近読んだ本、宮元健次著『日本の美意識』(光文社新書 2008年)に「フランダースの犬」のオリジナルのストーリーに感動するのは現在では日本人だけ(欧米ではハッピーエンドに書き換えられている)とあったので本棚の端を探したら出てきたのがこの表紙。(ブルータスは今もあるけれど、今後こんな特集組めないだろうな。)で、久し振りにパラパラめくって見た。
セツナイ33・・よいです。特に「ウルトラセブン」がNO.10だったのか・・これはまた別に。
中でもNo.17・・1988年フランスワールドカップの代表から外された「カズ」の潤んだ瞳の顔のアップ!!ああ、そうそうそうだよ。
日本がワールドカップに行ける日が来るなんて思ってもいなかった、カズよりずいぶん上のサッカー世代にはカズの活躍には特別な思い入れがあるのですよ。だから日本代表が初めてワールドカップに出る時にカズが外されるというショックと欠落感・・悪いけどオカダだけはどんな理屈を言っても許さない。・・その後のワールドカップにどうにも熱くなれなかった(というかシラケた感じしかしない)のは昨今のFIFAの堕落構造(オリンピックも含めた商業主義の匂いぷんぷん)とこの件な訳だ。
やっぱり切なすぎる・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2013

泣けるCM

久々に広告ネタ。
何年か前から(震災以降だな)TVをあまり見なくなってTV.CMにも疎く
なりましたが、netのおかげです。泣けるCM。
東京ガス CM 家族の絆・お弁当メール篇
http://www.youtube.com/watch?v=Xgp3aPR-llM&feature=related
信長が出てきたり、トレンディドラマ(w)調の方はどうでもいいのだけれど
このお弁当メール編とおばあちゃん編はもうCMのレベルを超えてます。
30秒のCMで泣けるようになったということか・・傑作です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/03/2008

MホームCM批評再び

何回か取り上げてきたMホームのCM批評。「糊貼りで作る家・・ってプラモデルじゃあるまいし」くらいにしか思えない(はっきり言って究極の工業化住宅を目指してもハイムM-1のように潔くないし、そもそも人間の手仕事を否定するような思考が嫌いでした)メーカーがどうして「住まい方への提案」などソフトに関してテーマ性のある広告を出してくるのか不思議だったところ、先月の新聞の土曜欄でM元会長の人物記を読んだ。バブル崩壊で創業経営者の立場をほとんど国からの圧力みたいなもので追われるあたりの場面は生々しくておもしろかった。結局大量生産住宅を目指した理想は会社と共に潰えこれからは例の「200年住宅」を指向するという・・
う〜ん究極の転向だなあ。ただ戦後からの住宅生産体制をそのまま体現されているようなものだし原油高に今後木材の輸入が厳しくなることを考えると国産の木造を目指す方向は確かかもしれないと思った次第。
で・・これから後のMホームのCMが気になることはもう無いのかもしれないな。

Pic04

| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/06/2007

MホームCM批評続

以前にも書いたMISAWAホームのCMについて。最新のCMではマツイさんにかわいい奥さんがいる設定みたいになったけど、お家のカタチは同じでも屋根のカタチや色を替えれば「ほーらあなただけの1軒に」・・ってカンジになってしまいましたね。それまではあったし、だからこそ気になるCMだった「今、住宅で考えること」みたいなハウスメーカーとしてのテーマ性はとうとう皆無になってしまった。思えばベースの車体はセダンかワンボックスか(もっとはっきり言えばカローラの客かレクサスの客か)決めたらカラーは見本の中から選びオプションでパーツをくっつければあなたの1台・・なんて完全に車購入のノリになってしまった(いかにも住宅営業の手離れの悪さを何とかしようとしたときに考えそうな手だ)と思ったら、すでのTOYOTAの会社だったか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)