経済・政治・国際

09/18/2019

検証平成建築史

平成の三十年は早送りして、その終りに起こった

新国立競技場問題のドタバタの顛末の総括が見た

かったんだが。いわく、上から(誰なの?)の声

を忖度し、空気を読んで誰も責任を取らない体制

のままズルズル時間だけが過ぎて・・だなんて

・・結局は巨艦主義は時代遅れと分かっていな

がら戦艦大和建造を進めた帝国海軍の(決して

反省の弁ではない) 回顧録か。

Kenshou_

当時発信した「建築家諸氏へ」で始まる「内藤

文書」と言われる文章を載せてあるのは立派で

すが、当時一番違和感を感じた肝心な部分

途中略とは・・ そこには確か、ザハ様のご機嫌

を損ねてはならぬ、いい仕事をしてもらって、

新しい東京のアイコンになるデザインを実現さ

せ、それを起点にアジア諸都市のナンバーワン

になるように東京を大改造するくらいの気概を

持て・・みたいな勇ましい言説があったのです

が、今でも同じ考えですか?

いみじくも、反ザハ派の中心人物とされた

槙文彦さんが平成の真ん中あたりに「前川國男

 建築展」に寄せた文章

「今日、我々の都市に繰り広げられる絶え間

なきスクラップエンドビルド、不動産のトラス

ト化、ディヴェロッパーとCMが主役を演じる

世界、そして建築家という職能の限りなき

矮小化と拡散化、これらはすべて前川が彼の

建築愛によって目指した、あり得べき建築の

地平の対極にあることを示している。」

(「前川國男と現在」から引用原文ママです。

文中CMとはコンストラクションマネジメント

でしょうか) このCMを広告代理店プロデュース

と読み替えれば、そのまま今から令和の建築史を

すでに言い当てているようなものだ。

地霊(ゲニウスロキ)なんてもういない、住民

参加のまちづくりなんてもう知らん、

「今さえ、金さえ、自分さえ」

興味あるのは大阪万博・IRカジノ・リニア

新幹線・・・

そんなことに気付かせてもらった一冊。

 

 

 

| | Comments (0)

07/17/2019

知らない方がいいこと、知らなければよかったこと、知ってはいけないこと

Kuushuu

 

鑑定団について書いたら、思い出した。番組中に全国出張鑑定団があるけど、全国どんな町でも古いお宝がまだまだ出てくる。もし戦時中の空襲が無かったら、今の日本にどれだけのお宝が残っていたんだろうか。つまりは空襲でどれほどのお宝が燃やされてしまったのか・・

日本のお宝を奪った犯人を2人挙げる。

まず、この日本本土空襲作戦を指揮したカーティス・ルメイ。

このNHKスペシャルの本の中では、ルメイの孫がインタビューに答えていて、「祖父は誰かがやらねばならない任務を自分が誠実に引き受けたと言っていた」とか何とかってあったが、そんなソフトな記事でまとめなくてもよかんたんじゃないか。白人至上主義的な言動が多かったというのは他の資料からもはっきりしてるんだし。ルメイに戦後、日本から勲章を与えたって、意味が分からん。いろいろ資料をあたっても不快感だけが残る。

そしてもう一人がアントニン・レーモンド。

言わずと知れた日本のモダニズム建築の父。レーモンドがこの日本本土空襲というか日本焼き払い作戦に加担していたという事実。これも、早く戦争を終わらせるために苦渋の思い云々という言い訳が流布しているようだが、そもそも亡命先アメリカのスパイだったということまで分かってしまった以上、伝記は書き換えられなければならないのではないか。日本の木造家屋密集地での火災の広がり方、如何に効率的に焼き尽くすか、焼夷弾の性能実験、戦時中の石油会社の思惑、戦後の石油メジャーとの繋がり・・・レーモンドの黒歴史を知ったのは、いつだったかな、すごいショックだったけど。

昔のことなど蒸し返さない方がいいのか、ただ「令和は本当のことがあからさまになる時代」って誰かが言ってたのは本当かもしれん。

ジャニー喜多川の訃報に際して、マスコミはこぞって日本のエンタメ界の父だなどと持ち上げて嵐だSMAPだは出るけど、我々昭和の人間はジャニーズといったらフォーリーブスだろうが、フォの字も出ない。そりゃーフォーリーブス解散後にあったジャニーの少年偏愛スキャンダル暴露のイメージが消えないもんね。そんな黒歴史はシートで覆って無かったことに・・

Kokusho

黒歴史でもうひとつ。

1995年ラグビーW杯で日本がオールブラックスに145点取られて負けた(17-145)こと。特にラグビーファンでもなければ、そんなこともあったかなという程度。だいいち25年近く前の話だ。今年のW杯日本大会を前に、前回の南アフリカ戦の大逆転勝利に続けとこちらもアゲアゲ報道一色だけど。

これも最近知ったこと。

この時の日本代表チームは無能な監督の元、メンバーはバラバラ、主力は大会期間中カジノと飲み会三昧だったという事実。はっきり書こう、当時の日本ラグビーの改革者で救世主と持ち上げられていた平尾誠二とその手下でしょう。(このラグビー黒書にはズバズバ書いてあります)今年になって、日本大会直前ということで、1995年の出場選手だった吉田義人へのインタビュー記事が挙がっていて

https://hochi.news/articles/20190527-OHT1T50244.html

1995年の反省からの長い日本ラグビーの道のりみたいな言い回しがあったので、ふと気になりググってみたらこういうことだったのか。平尾派(同志社)とは距離を置いてた吉田(明治)だから、平尾が故人となり時間が経ってようやく言えるようになったのか。数年前に亡くなった時も忖度したマスコミは新しいラグビーを切り開いた偉人みたいな扱い一色だったしね。

あの当時の平尾といえば、古臭くて汗臭い根性至上主義ラグビーみたいなもんを否定してエンジョイ、創造、自由を標榜した新しいラグビーを目指すみたいな感じで(実際、同志社や神戸製鋼で活躍し実績を挙げたわけだが)いわく日本的経営の限界だのやたらグローバル化が言われ出した頃の時代の寵児みたいだったのは記憶に残る。それがどうして、日本を代表して参加したW杯で145点も取られ「ブルームフォンテーンの惨劇」とまで形容(笑いものに)される試合をまるで他人事のようなコメントに終始し、代表監督として臨んだ次の大会でも「世界に日本のラグビーを見せつける」と豪語しながら、結果3戦全敗、観客を感動させるようなトライは一つもなく「145より深刻」と評されるしかなったのだろうか。

1999年大会の直前には、合宿を張らずに監督平尾自身は「新しいビジネススタイル」の講演会(電通主催!)の講師として忙しかったという。当時の彼の言説には、さるスポーツ評論家だの文化人類学者だのの影響をもろに受けてる、というか受け売りそのままだと分析しているブログも読んだ。つまりは電通プロデュースで「哲学するラガーマン」を演じていたのか。ラグビーといったら襟を立てたシマシマジャージだったのが、この後大手スポーツブランドのピチピチユニフォームに替わっていったのもD通プロデュースの一環だろう。そもそも2019W杯招致に秩父宮ラグビー場建替え話もからんでいた訳で、さらにこの延長線上に国立競技場周辺の再開発だの何だの有象無象の世界があるわけだ。

やっぱり新国立競技場のザハ案なんかも、D通プロデュースによる・・なんだろうな。それならあの不快な「建築家諸氏へ」という「内藤怪文書」が出たというのも分かる気がする。やっぱり「金さえ、今さえ、自分さえ」

| | Comments (0)

05/03/2015

船橋市立西図書館

訳あってこのタイトルでググったらトップで「図書館司書焚書事件」が出てきた。そう言えば「そんなニュースがあったかなあ」程度の記憶。当時はもう引っ越して立ち寄る事も無かったし、例の朝日新聞は黙殺して記事にしなかったんだから無理も無い。とんでもなくひどい話だし、裁判の結果くらいはうっすら覚えているが、その後の顛末(当の司書は協会を除籍になるどころか逆に役員に昇進、自分の書いた絵本やらが70冊ちかく図書館蔵書に加わったやら何やら・・今回ググって初めて知った)には今さらながら腹が立つし、「サヨク」的なるものの気色悪さをまざまざと感じる。
NETのおかげで十年スパンでも物事を振り返ると色々なものがはっきり見えるようになった。ただしこの件は詳細なまとめサイトがあったりするのでこの辺で・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/14/2014

深代惇郎エッセイ集

Fukashiro
何を隠そう高校生の頃、深代惇郎の天声人語に影響されて進路希望に「ジャーナリスト」と書いていた自分です。この「エッセイ集」と「青春日記」がまだ本棚の奥にある。ナイーブな少年にはあの知性とヒューマニズムに裏打ちされた真っ直ぐな文章がまぶしかった。それが「天声人語は文章のお手本」となって「大学入試に出る天声人語」みたいなイメージに繋がって行くのだが。まあ確かに惚れ惚れするくらい美文なのは確か。ただし「インテリが読む朝日新聞」「オピニオンリーダーとしての朝日新聞」というイメージはもはや無い、というか信頼出来るジャーナリズムがあるのは朝日だけだろうなどと妄信していた自分を恥じる。KY珊瑚事件はまだ、一部の先走りがしでかした事象だろうなどと甘く擁護でいたが今回の従軍慰安婦問題と福島原発事故調記録のねつ造にはほとほと呆れた。もうすでに滅んでいたのですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/28/2006

倫社は無いのか

ここへ来て「高校の授業の必修漏れ」だと・・・こんなの昔からあったよなという人もいましたが,私の経験では物理も地学も日本史も倫社も授業はあった・・受験に関係ない生徒は授業中居眠りしてようが
英語の辞書開いていてもそれは「黙認」というのが当時(いつだか?)高校3年生時代の最低限の「お約束」(先生も生徒も)だった気がする・・
それが今は校長以下「ばれなりゃいいじゃん」のノリかっ・・まだ今年の総括には早いけど「構造計算偽造に偽計」で今年のキーワードは「倫理」だな・・といったらその通りになりました。
「倫理」って別に道徳的とか正義的でなく「牛のえさにまずいものやったらあかんのでは・・」と思うセンスだと言ったはず・・がそのまんまだ。やってもない授業の成績付けるの「まずいんやないか」と思えば済むことなのに・・これでまた学校ナントカ法できつく縛りをかけようということになればますます息苦しい世界が・・(建築界も同じだ、まともにやってりゃいいものを、トンデモ人間のおかげで建築基準法に建築士法やら改正で罰則を厳しく・・みたいな流れ)広がってくるのあ・・・・・・・・
そんなこと今の高校の社会の科目にやはり「倫社」が無いのを見て考えた次第・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/28/2005

そんなにいいのか規制緩和

調整区域の我が家の近くの雑木林(ほとんどヤブ)が伐り倒されたと思ったらいきなり造成工事が始まり聞けば30数戸のミニミニ団地が出来るという・・そうこうする内に他でも家庭菜園だったところが8区画の宅地になる工事が始まったと・・これも規制緩和政策の一つで(乱暴に言えば)宅地にするのに取付道路を造ったり排水施設を自力で整備すれば今まで家は建てられないと言われていた(調整)区域でも住宅建設が可能になったということですね。逆に言えば住宅地にするためのインフラ整備を自己責任でやってくれれば行政は文句は言いません・・みたいなことじゃないのか??
調整区域ということで今まで放っておかれた処に何のマスタープランもなくいきなり無秩序に住宅群が出現する。そこには街造りの哲学も夢も何も無いわけで・・これからの日本には規制緩和でビジネスチャンスを広げることが重要だみたいな言説がまかり通っておりましたが、その挙げ句がこういうことなら(決して規制を元に戻せとは言いませんが)この辺で一度考え直した方がいい。
日本全国無秩序なスプロールで周縁地域が無惨な町だらけになる前に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/15/2004

段取り力

土曜日夜のTVで講師役が新しいネタの講義するみたいな番組で見たのですが、知力学力体力・・色々あるけど今一番必要なのは「段取り力」だ・・という話には「へえ」ではなく「そうそう」の連続でしたね。
建築屋さんの業界ではよく「仕事は段取り8分ダンドリハチブ」(7分という人もいる?大げさには9分だと言ったりもする?)
要は実際に仕事(建物を造る)にかかる前に完成までの「段取り」・・必要な材料、道具と職人の手配、工事の手順・・などの予定が見えていればその工事はほとんど大丈夫・・逆に言えばこの段取り作業が一番肝心だということ・・工事着手まえに段取りをおろそかにして見切り発車で工事開始した現場はドタバタ状態になるのがいつものオチ。それを他業界ではシステムとかプログラムとかあるいはシミュレーション(はたまたイメージトレーニング?)とかいうのでしょうがここはやはり「ダンドリ」と言うのが一番しっくりきます。ずっと前例のプロジェクトXで瀬戸大橋の架橋工事のことをやっていましたが、例えば常時5000人もの人が働く現場の「段取り」となったら工事関係でケーブルの引っ張り方などはもちろん現場で働く人の食事の心配やら何からまでするわけで・・これはあくまで「段取り力」MAXの例ですが・・・・冒頭の番組ではお料理するにも「段取り力」ある人ない人などと説明していましたが・・材料揃え、下ごしらえ、調理の手順(ポイント)を押さえているかが料理の重要な勘所だと(レシピノート見てやれば出来るってもんでもない・・現場を知らない机上の理論?)・・それってほとんど建築工事そのもの(仕事するってことは多分みんな同じでしょう)ってカンジで「そうそうそう・・」と頷いて見ていた次第・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)