映画・テレビ

03/07/2010

サリンジャーの少女

サリンジャーの訃報を聞いて「まだ生きてたの?」が実際のところ。そこで、あまりにも有名な本の話ではなくその時思い出したのが10年くらい昔のTVドラマのこと。これが気になって気になって仕方なく、おぼろげに「世にも奇妙な物語」の中の一話だとばかり思い込んでいたようで、ひたすらググったらようやく辿り着いた。http://donahue.exblog.jp/tb/6083008に詳細なあらすじまで載っていて、すっきりしたあ。ちなみに92年3月12日のCX系で放映「サリンジャーの少女」脚本はDrコトー診療所の吉田紀子さん。教師役の勝村政信の泣けるシーンを覚えている。この「大人は判ってくれない」ってシリーズは視聴率的にイマイチだったみたいけど再放送が無理ならDVDでもう一度みたいなあ・・Catinrye


| | Comments (1) | TrackBack (0)

12/08/2008

すいか・木皿泉ドラマ

他にも「野ブタ。をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」どれも
木皿泉脚本。
「野ブタ。」なんてこのドラマだけをサブカル的に詳細に分析したサイトが
あったりするくらい、この人(2人の脚本家のユニットらしいけど)のドラマに
ハマる人が多いのだな。
で、ちょっと前にDVDレンタル半額でまとめて見たけどやっぱりおもしろい。
双子の姉を亡くした妹、一人暮らしする娘の母(あるいはロボットおたくの母)
お盆に亡霊となって帰ってくる昔の恋人(または浅丘ルリ子・セクロボのプッチーニ)
夕飯のカレーのにおい・・繰り返し現れるモチーフはほかにもたくさんあるけれど
キーワードは喪失感なのだろうがこれがじわじわ来るわけで・・・
そんな中でもこの「すいか」・・・ハルマゲドンは来なかった後を生きるって・・
ぜんぜん古い感じがしない。傑作です。
Suika

| | Comments (0) | TrackBack (1)

10/03/2007

セクシーボイスアンドロボ

2シーズン前2007年の春の日テレのドラマですが「セクシーボイスアンドロボ」視聴率は散々だったみたいですが、欠かさず見ていたドラマ。というのも「すいか」と「野ブタ。をプロデュース」の木皿泉さん脚本だから。話自体は全く違うのにどれも何かが通底している木皿ワールドがあるよなあ。登場するキャラが普通の人物のようにみえて何かが欠けている・・当然自分もそうだからか。そういえばクドカン(工藤官九郎)ドラマもそうだな「木更津キャッツアイ」なんか特に
放送は終わっても「セクロボ」のオフィシャルサイトの書き込みは今だ盛り上がってるし、自分みたいな欠落人間も意外と多いって事かと妙に安心した次第。Nico

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/08/2005

シーランチ「美の巨人たち」

2003年4月時点で勝手に「シーランチが来るっ」と予言しておりましたが・・
(証拠の掲示板 http://otd4.jbbs.livedoor.jp/412071/bbs_plain 内の 過去ログNo.134 参照)
先だっての東京12CHの(土曜午後10時)「美の巨人たち」で2週に渡って取り上げられました。
「シーランチ」映像で見てもやはり「良い」です。有名なベイウインドウのソファーベンチのところなど
「居心地の良い」場所そのものというカンジ。思えばずっと昔海外の建築雑誌で見たこの場所がいつも頭のどこかにあるようで(最近は再び特にそう思っていたので)ドンぴしゃなタイミング。
この「美の巨人たち」はずいぶん長い番組になりましたが、すっかりマンネリ化企業PR番組に堕落した某国営放送のプロジェクトナントカと違って無名の日本人画家や建築作品でもリートフェルトのシュレーダー邸など実にシブイところを押さえて飽きさせないところがいいです。小林薫のナレーションと一つの作品をめぐるストーリー仕立ての構成や音楽も・・絶賛です。
それはそうと
この時間帯の前は(何やらTV話題ですが)日テレ夜9時のドラマが一番おもしろい。
今は「野ブタ。をプロデュース」
家人が買った単行本で原作を読んでいたのでなおさらおもしろい。昔「すいか」というドラマの脚本を書いた木皿泉さん・・ありふれた日常であるようでないようで・・今回もうまいです。
この前は「女王の教室」に「瑠璃の島」どれもなぜか子供と一緒に見ています。
最終回まであと2回、結末はどうなる??
出だしとまったく違う話題・・

searunch1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2005

コーダン

昔 住宅公団〜住都公団〜??もう現在はどういう名称なのかも分からない、コーダンの広告が載りました。アイドルタレントの名前に引っかけた駄洒落で新聞一面を使うという愚にもつかないお粗末なもの。
バブル華やかりし頃、マスターアーキテクトシステム(正確かな?)などと称して公団の人間がマスターになって有名ドコロの設計事務所を下で使いニュータウンにたくさんマンションを造っていた時期がありました。それが今は欠陥マンションとされ訴訟の連続。欠陥は工事のミスにしたいのでしょうがケンチクカとしての責任を問うあるいは責任を認めるような話は一向に報道されません。
バブル期とはいえこちとら固定費稼ぎに公団マンションの実施設計図面を地味に書いていた身。ある日公団に図面を納品に行ったときホールですれ違ったとき「あの人が、マスターの○○さんだよ」と芸能人をもてはやすような雰囲気だったのを思い出します。いったいあの人は今・・・??そもそもマスターアーキテクトって何だったんだろうか。同潤会から初期の公団アパートまでの志はヨシとしてもその後の公団のやってきたことの総括もせずに名前だけコロコロ変えてるようにしか見えないのが気に入らないところにこのお馬鹿な広告見て呆れました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

11/15/2004

段取り力

土曜日夜のTVで講師役が新しいネタの講義するみたいな番組で見たのですが、知力学力体力・・色々あるけど今一番必要なのは「段取り力」だ・・という話には「へえ」ではなく「そうそう」の連続でしたね。
建築屋さんの業界ではよく「仕事は段取り8分ダンドリハチブ」(7分という人もいる?大げさには9分だと言ったりもする?)
要は実際に仕事(建物を造る)にかかる前に完成までの「段取り」・・必要な材料、道具と職人の手配、工事の手順・・などの予定が見えていればその工事はほとんど大丈夫・・逆に言えばこの段取り作業が一番肝心だということ・・工事着手まえに段取りをおろそかにして見切り発車で工事開始した現場はドタバタ状態になるのがいつものオチ。それを他業界ではシステムとかプログラムとかあるいはシミュレーション(はたまたイメージトレーニング?)とかいうのでしょうがここはやはり「ダンドリ」と言うのが一番しっくりきます。ずっと前例のプロジェクトXで瀬戸大橋の架橋工事のことをやっていましたが、例えば常時5000人もの人が働く現場の「段取り」となったら工事関係でケーブルの引っ張り方などはもちろん現場で働く人の食事の心配やら何からまでするわけで・・これはあくまで「段取り力」MAXの例ですが・・・・冒頭の番組ではお料理するにも「段取り力」ある人ない人などと説明していましたが・・材料揃え、下ごしらえ、調理の手順(ポイント)を押さえているかが料理の重要な勘所だと(レシピノート見てやれば出来るってもんでもない・・現場を知らない机上の理論?)・・それってほとんど建築工事そのもの(仕事するってことは多分みんな同じでしょう)ってカンジで「そうそうそう・・」と頷いて見ていた次第・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/11/2004

君はまたナイフを持って立ってた

奈良美智さんの個展が開かれていますね。みんな何かで見かけたことあるでしょう、フキゲンそうな子供の絵・・個人的には「君はまたナイフを持って立ってた」という絵が特に好きです。ナイフを持って立ちすくむ・・でも立ち尽くすしかないという・・葛藤のそのあやういバランス感覚・・(現実には中学生の女の子の事件なども起こってしまうのですが、それはまた別の話で)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/04/2004

おくればせの「セカチュウ」

原作も映画も知りませんがたまたま第1回見てからハマってしまいました。TVドラマ版「セカチュウ」・・
というよりはっきり言って綾瀬はるかちゃんのかわいさ見たさか・・すっかりオヤジ状態だあっ。
ストーリーほかは散々語られているでしょうからともかく、さすがに「トリック」の堤監督、頭を使ったストーリー構成で随所に伏線が張られ意味ありげなプロットが後になってつながっていたり・・第1回冒頭と昨日の「雨」、いつも見上げる月の満ち欠け、電話のベルの幻聴、カニクリームコロッケ・・ドリフトターンする救急車は「ご愛敬」としても・・他にも多分メタファーというか暗喩が沢山ある気がするのですが・・特に港でころんだサクをアキが抱き留めるシーンはミケランジェロの「ピエタ」(十字架から降ろされたイエスを抱くマリア像ですね)だと思うのは私だけか?そうえばエンディングで2人が手を差し出すシーンも同じミケランジェロの「天地創造」の有名な場面に見えなくもない・・と言ったら深読みしすぎ?
う〜ん考えたら色々出てくる・・堤監督の演出の背景・・誰か知っていたら「教えてくださいっっ!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)