« 夕焼け雲を見上げる | Main | 光の帝国 »

07/23/2015

デザイン決めただけ

個人的に細々と問題視していた新国立競技場問題は急転直下、白紙化となりました。
以前のコメントで何故か安藤忠雄氏だけ呼び捨て扱いだったことの言い訳を書いておこう。
もはや記憶もあいまいなのですが、確かまだ大学生だった頃の話。
当時(1980年くらい)バイトしていた設計事務所で付き合いのあった石屋の職人さんの頼みで
突貫工事(夜間作業)の手元(お手伝い)に行った東京は京橋の高速道路の高架の下にあったアパレルショップの内装工事の現場。確かデザイナーズブランドブームなどというものが本格的化するちょっと前、「ミカレディ」だったと思う。
見せられた図面には確かに「安藤忠雄建築設計事務所」のタイトルが。(ただし図面といっても
平面を簡単に書いた俗に言う「マンガ」図面)
当時は既に例の「住吉の長屋」や「打ちっ放し」のコシノ邸やらで有名だったし、まさにその時、日経アーキテクチャーで「安藤さんが開発したテラゾーブロック」という記事を読んだばかり。
Photo_3
そのテラゾーブロックを使って陳列棚の衝立て壁をフロアーにランダムに作るというものでした。
「おお、あの実物にすぐに出会えるとは・・」
テラゾーブロック・・よく住宅の塀にあったような無粋なコンクリートブロックの表面をツルッとした石目模様にコーティングしたものと思ってもらえれば確か・・を正確に積んで中にコンクリートを流し込めば石目模様の壁がすぐ出来る・・というのが能書きだった。目論み通りにいけば魅力的な商品なのですが、それにはブロック1個1個がレゴ並みの精度で出来てなければ無理なのは素人でも解る。
はたして現場は・・「目地」はとらずに積むことという指示通りにしてみれば・・3段積んだらもう垂直水平にはならない、はっきり言って1個1個の大きさがマチマチという、親方言うに「こりゃ使えねえ」シロモノ。当時の現場の記憶も定かではないのですが、仕方ないからバリを取り、1個1個微妙に削っては調整して徹夜作業で納めたはず。
仕事が終わって早朝の銀座通りを歩きながら、確かに文句はブロックの製造メーカーに言えばいいことだけれど(「建築家」の仕事はアイデア出しただけ・・それを使った現場がどうなってるのかまで関知しない?そんなもんなのかあ!安藤さん!)と思った。
それが30数年経って、また同じ人に同じ思いをするとは思わなかったですね。
「コンペでデザインを決めただけやから・・」あ〜あ

|

« 夕焼け雲を見上げる | Main | 光の帝国 »

建築・デザイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45308/61956335

Listed below are links to weblogs that reference デザイン決めただけ:

« 夕焼け雲を見上げる | Main | 光の帝国 »