« モダニズム建築 | Main | 郊外の夢と現実 »

06/05/2015

新国立競技場問題〜丹下〜前川〜白井〜槙

Maekawa
個人的に2年前に丹下さんを追っかけ始めて、去年から新国立競技場に関心が行き、今年は前川さんが年間テーマというすっかりモダニズムを辿る旅に出ています。
(先の船橋市立西図書館について、先日読んだ「賊軍の将 前川國男」の中に「公共建築作品一覧表」があり「船橋市 1」とあったのでこれで裏付け取れたと個人的に納得。そういえば、図書館の外壁は上野の文化会館のホールの壁とそっくりだった。ただし「建築展図録」のリストに載ってなかったのは単なる「漏れ」か。2005年の建築展に震災は無関係だった、先日のうがったコメントお詫びします。)
で、前川さん繋がりで「白井晟一」さんが出てくる。
告白すればこちらは前川さんと逆で、学生時代にはどっぷり浸かって長崎・佐世保まで白井建築巡礼の旅までしたほど、あの特異な建築世界にはまった・・それが実務についた後はその独特な匂いがすっかりダメになり(構造とは全く無関係な内外の表現・・つまりは書き割り建築じゃねえか、哲学的といわれる難解な文章・・わかったふりして読んではみても、結局理解出来なかった)。
それが白井さん死去の際の前川さんの追悼文を読んで、いったいこの二人にどんな共鳴出来る部分があったのだろうか?疑問だった。今回「賊軍の将」を読んで二人の友情というか互いに共通する精神の一端が解った気がした。
その一端をずばり言い当てているのが先の「前川國男 建築展」図録にある槙文彦さんの文章(「前川國男と現在」から引用原文ママです)

「今日、我々の都市に繰り広げられる絶え間なきスクラップエンドビルド、不動産のトラスト化、ディヴェロッパーとCMが主役を演じる世界、そして建築家という職能の限りなき矮小化と拡散化、これらはすべて前川が彼の建築愛によって目指した、あり得べき建築の地平の対極にあることを示している。」

・・コマーシャリズムやら政治から独立して立つ二人が互いを同志と思ったという理解でいいのかな。「日本の闇を見据える同行者はもはやいない。」という追悼文の最後が沁みます。
そしてこれはまさに今の新国立競技場の迷走状況そのままじゃないか・・
「このことを今、我々はかみしめるべき」と書いた槙さんがそれこそ今回は「もうだまっていられない」として国立競技場問題の最前線で物言っておられるのでしょう。
ああやっぱりはずかしい、どうにも我慢出来ない今の国立競技場建て替えの状況・・

|

« モダニズム建築 | Main | 郊外の夢と現実 »

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

建築・デザイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45308/61699740

Listed below are links to weblogs that reference 新国立競技場問題〜丹下〜前川〜白井〜槙:

« モダニズム建築 | Main | 郊外の夢と現実 »