« 木造トラス | Main | ヒアシンスハウス »

12/12/2009

こんな本を読んだ「大工力」

トラスの技術書を探していて見つけた。大型木造建築が建てられなくなってその技術さえ失われつつある時代に抵抗して頑張っておられる大工の親方が書いた本ですが、これが大変示唆に富んでおりタメになったというか唯一の指南書。
木造技術というと何かと宮大工のお話とか金物使わない「伝統」工法とかばかりだが、こちらは戦後(もしくは戦前からか)物資の少ない中で大型の木造建築を造るというところから始まる話で、確かに木造校舎とか駅舎などが無くなったと同時に廃れたか顧みられない技術になってしまったものだ。中でも「木は引き寄せて締めて固める」のと「木の部材には軸力を負担させる」そのためには金物を開発してまで使うというところ・・一切金物など使わないのが日本の木造などという「伝統」木造論者は眉をひそめるかもしれないが木と鉄を適所に使って木に「曲げ」を負担させない脱和小屋を考え始めた頃「まさにこれだ」と思った。Daikuchikara

|

« 木造トラス | Main | ヒアシンスハウス »

こんな本を読んだ」カテゴリの記事

家づくり、住まいづくり」カテゴリの記事

建築・デザイン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45308/47001198

Listed below are links to weblogs that reference こんな本を読んだ「大工力」:

« 木造トラス | Main | ヒアシンスハウス »