« 日立サウンドブレイク | Main | 高島野十郎(続) »

10/05/2005

高島野十郎

TVは特番の馬鹿騒ぎばかりですがTV東京だけは淡々と通常番組を流していました。その「なんでも鑑定団」で
見た「高島野十郎」の絵にいたく惹かれました。今日までまったくの無名・・やはりまだまだ居るものなのですね・・ただし番組中に紹介されていた作品を見れば、風景画はフリードリヒ、静物画はフランドル絵画、そして睡蓮の絵はモネと日本画が融合したような深い精神性が・・一目見ただけで気になって仕方ありません。
「鑑定団」は時々こういう発掘があるのですが、中でも島田伸介が彼独特の審美眼というか目利きで「これは値上がりする」と絶賛していたのがおもしろかった。
とにかく「高島野十郎」・・は注目すべき。画集なり展覧会をチェック・・というより収蔵美術館を探すか・・t

|

« 日立サウンドブレイク | Main | 高島野十郎(続) »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

まったく同感で、私も鑑定団をみて 高島野十郎 作品とその生涯にいたく感銘をうけました。もうすこし絵を見てみたい。。。
ネットで探していたら、同じようなコントを見つけてうれしく思いました。通りすがりのモノです。

Posted by: トロン | 10/08/2005 12:07 AM

まったく同感で、私も鑑定団をみて 高島野十郎 作品とその生涯にいたく感銘をうけました。もうすこし絵を見てみたい。。。
ネットで探していたら、同じようなコントを見つけてうれしく思いました。通りすがりのモノです。

Posted by: スギトロン | 10/08/2005 12:08 AM

まったく同感で、私も鑑定団をみて 高島野十郎 作品とその生涯にいたく感銘をうけました。もうすこし絵を見てみたい。。。
ネットで探していたら、同じようなコントを見つけてうれしく思いました。通りすがりのモノです。

Posted by: スギトロン | 10/08/2005 12:09 AM

僕も鑑定団みていました
その絵の素晴らしさにすごく惹かれました
今まではあまり絵には興味が無かったのですが、番組を目を食入るように見てましたw
「孤高の画家」・・・かっこいいですねぇw
医者の道を捨ててまで、画家の道を選んだとは・・・

自分も鑑定団を見て「高嶋野十郎」を検索したクチです

Posted by: san | 10/09/2005 04:17 PM

はじめまして。野十郎を検索していてこちらにおじゃましました。

先日福岡県立美術館で高島野十郎の展覧会を観てきました。
本当はバロック・ロココ展に行ったのですが、別の階で郷土の画家の展覧会をされているということで偶然野十郎と出会いました。

絶句、でした。ほんとうにすばらしかった。特に私と同じ年に描かれたという自画像がすばらしかった。

来年6月10日から7月17日まで三鷹市美術ギャラリーでも高島野十郎展、開催されるそうです。お近くならお出かけになってはいかがでしょうか。

Posted by: 山田和代 | 12/12/2005 10:00 AM

うれしいニュースありがとうございます。
まさにキターという感じですね。

Posted by: う゜ | 12/12/2005 07:10 PM

はじめまして。野十郎を検索していて、このページにたどりつきました。sanさんが上述されたように、現在、福岡県美で開催されています。私と野十郎の出会いは、10年前。偶然見た、画集に衝撃的なほど惹かれ、野十郎の絵が一点でもあると聞けば、見て周り、今にいたります。野十郎の展覧会は、小規模ではありますが、5年くらい前に同美術館で開催されました。そのときは、画集も発行されず、ギャラリーも少なく、その素晴らしさを多くの人に宣伝しながらも、このまま消えてしまうのかと、悲しい思いをした記憶があります。それから、美術館関係のアンケートに執拗に「野十郎展の開催を!」と書き続けて、(県立美術館がかなりの絵を所蔵しているため)待ちに待った、今回という感じです。まさに圧巻!ココロ震える・・。とはこのことです。(画集は所詮画集です。)状況が許せば、必ず見にいかれてください。

Posted by: 野十さん | 12/30/2005 07:44 PM

本年開催されると聞いた三鷹での巡回展を今から楽しみにしています。
好きな番組である「美の巨人たち」で取り上げてもらいたいような気もしますが、野十郎の人となりは
「お宝何でも鑑定団」での紹介で十分。とにかく何も思い込みを入れずに作品を直に見たいと思っています。
今は柏市教育委員会からの「図録」を見て我慢していますが確かに「所詮図集は図集」・・・ですよね。

Posted by: う゜ | 01/07/2006 11:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高島野十郎:

« 日立サウンドブレイク | Main | 高島野十郎(続) »