« 図面の重さ | Main | おくればせの「セカチュウ」 »

09/02/2004

本屋さん

青山ブックセンターが色んな方面のバックアップにより経営再開するというニュースがありました。その昔六本木やら青山で時間を潰す時に入り浸っていたのを思い出します。確かに置いてある本のチョイスが特別でした。それが今やちょっとした本はアマゾンで買っちゃうし、仕事帰りに本屋に立ち寄るなんてことも無くなりました。
昔 仕事場が代官山だった頃だからすでに10年近く前ですが、東急代官山駅出たすぐのところに小さな本屋さんがありまして、そこの本の品揃えがまさに自分好みにピッタリで、本を買うとヒゲ面のご主人がものすごい手際の良さでカバーを掛けてくれ(単にカバーを折って挟むのではなく、折った角にハサミを入れて表紙と裏表紙にしっかり折り込む昔のやり方!!そのカバーがまた無印良品チックな再生紙で)最後にお店のハンコをポンと押すのがおしゃれなカンジだったのですが。今はもう無いんだろうなあ・・お気に入りだった小さな本屋さん。

|

« 図面の重さ | Main | おくればせの「セカチュウ」 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

建築・デザイン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45308/1337447

Listed below are links to weblogs that reference 本屋さん:

» 青山ブックセンター、六本木店で営業再開PRフェア [ブラジル・サンパウロから世界へ、そして渋谷]
朝日新聞の記事だ。 青山ブックセンター、六本木店で営業再開PRフェア 来月9月2 [Read More]

Tracked on 09/05/2004 at 01:05 PM

« 図面の重さ | Main | おくればせの「セカチュウ」 »