« 開設にあたって | Main | 本屋さん »

08/27/2004

図面の重さ

某住宅建築業界向け雑誌(本屋さんでは売ってないです)の特集で「近頃の設計図面の質」という特集がありましたが、おしなべて「低下した」という意見が圧倒的。最近の例・・ある物件で設計図の寸法の整合性について担当者に確認すると「それはとりあえず」・・ビールに枝豆かよっ・・「アバウトにおさえたもので」って「おいおい
いつから図面がそんなに軽くなっちゃったんだ。昔はそんなんじゃなかった。」と思うのは古い人間になったせい?
平行定規にホルダー(鉛筆の芯を尖らせて使うシャーペンのごついヤツですね)とトレーシングペーパーで製図を始めて「線1本の意味を考えろ」だの「平面図描いても立体3次元がわかるように描け」だの言われて教わってきた身としてはたかが図面1枚でもいろんな創造のエネルギーが詰まった1枚で・・そんなに軽いものでは無い・・と思ってきました。どんな現場でも最初は図面だけしかないわけで、何も無いところにその図面を元にモノが立ち上がる・・だからその図面を描く(厳密には設計した人間と違うかもしれないですが)人間の責任の重さと喜びがあるはず・・そんなことからモノ造りに携わる人間のプロ根性とか矜持とかを教わったような気がしています。

この先現場の職人は年寄りばかり、設計事務所の若い「デザイナー」(とっても設計者とは呼べません)は「トリアエズ図面」を持って現場に来てもデジカメ撮って帰るだけ、職人とはちっとも話さない・・時代は変わったのかなどとぼやくばかりじゃいけないな、ふと我が身を振り返れば何だかんだシゴかれていたワカゾーも今やその当時のお師匠さんと同じ年代。今では絶対嫌われる説教じみた精神論も少しは伝えていかないといけない年回りになったということか。

|

« 開設にあたって | Main | 本屋さん »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

建築・デザイン」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45308/1290868

Listed below are links to weblogs that reference 図面の重さ:

« 開設にあたって | Main | 本屋さん »